アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ

タイトル 日 時
狂気と進化
先の記事で、「変異と進化」 について記しました。 今度は、狂気と進化について考えてみたいと想います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/24 16:28
変異と進化
変異と進化 「変異」 と言うと、どんな印象を抱くだろう? およそまともな印象は、あり得ないかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/22 11:00
音と気配と音楽- Atsushi Reizen "逍遙集" の為に
音と気配と音楽- Atsushi Reizen "逍遙集" の為に ほんの少しでも自分と縁のある音楽を聴いた時には独特の気配が残る。 でも音楽の絶対量が増えるとそんな気配を残してくれない音楽の割合が増えて来た様だ。 それは音楽の形を伴ってはいても音楽としての機能は携えていないただの音なのかも知れない。 一方で一聴するならば到底音楽には聞こえない筈の音が本来の音楽が持つ気配を放つこともある。 日常の音をただ録音しただけの様に聞こえても実は音楽の機能を既に果たしているものも在るのだ。 『音楽』 に纏わる煩わしい取り決めから開放されている様に想えるか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/11 11:00
「これでいいのか?」 と想うロック
「これでいいのか?」 と想うロック 「これでいいのか?」 と想ったロックについて記してみよう。 と言っても箸にも棒にも掛からないと想える様なロックの話では無い。 むしろ見かけがやたら立派なロックに直面して絶望したという話なのだ。 忘れもしない ’70 年代の中期辺り。 マイルス・ディヴィスはロックをとても馬鹿にしていた。 暫く経つと 「ロックにハートはあるが技術が無い」 と言い換えはしたが。 これに応える様に構成のしっかりしたハード・ロック・バンドが登場し始めた。 既存のハード・ロックよりも一段高いレベルにあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/06 11:00
ロックをレヴューする
ロックをレヴューする 「ロックをレヴューする」 ということについて少し。 私は音楽についての文章を記すことがあるがその多くはロックに関するものだ。 職業評論家では無いので言わば気楽に妄想を並べているだけかも知れない。 こうした行為を 「レヴュー」 という語で表現することに多分異論は無いだろう。 ただレヴュー本来の行為がそこで遂行されているのかちょっと疑問を持つ場合がある。 レヴューは “review” – “re” という接頭語がついているので 「再び」 何かを行うことだ。 和訳として... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/01 11:00
音楽についての文章に想う
音楽についての文章に想う ずっと音楽についての文章に想っていたことを記してみよう。 音楽の評論あるいはそれについての記述には独特の魅力があると想っている。 実を言えば 1980 年代の半ばには音楽について記されたものに興味を失っていた。 音楽に関する媒体が増えて当然の結果文章も増殖していた時代である。 何だか 「読めば読むほど閉じられた世界に籠ってしまう」 様に感じ嫌気がさしてしまった。 そんなことは以前にもあって一時は熱心に購読していたプロレス雑誌を止めた経験がある。 読むほどに事情を知っている者に... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/01 11:00
音楽と生活
最近ある音楽家の方が 「ダウンロードも有り難いのだがやはり CD を買って貰わないと 制作に費やした経費さえ取り戻すことが出来ない」 と SNS で発言され様々な方がこれに意見を述べられている。 これがとても面白いなぁと想うので少し記してみることにした。 もう 40 年くらい前の話だがゴングの "Flying Tea Pot" から "You" に至る 3 枚の LP が とても聴きたかったのだが輸入盤店で 1 枚 3 千円を超える値段がついていてとても手が出ない。 その時 「こんな高... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/31 11:00
DJ Eye Version C
DJ Eye Version C DJ Eye シリーズ ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/31 11:10
DJ Eye Version B
DJ Eye Version B DJ Eye シリーズ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/29 11:00
DJ Eye Version A
DJ Eye Version A DJ Eye シリーズ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/26 11:00
船酔いは女神の呟き @ 和風騒本家
船酔いは女神の呟き @ 和風騒本家 「ノイズ」 の語源が 「船酔い」 だということを、最近知った。 もっともそのノイズとは騒音に留まらず、電気的現象を含めた概念の様だ。 下記 URL にてその解説が為されているので、是非ご参照を願えればと思う。 本来ノイズはシグナルに対立する概念なので、必要とはされない筈の付随現象だ。 望まれて存在するものでは無いのだが、音楽においては敢えてその創生に尽力するから面白い。 シグナルとノイズを共に受容する点が、音楽の醍醐味なのかなともふと思う。 例えば絵画であるならば、容易くそう... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/06 11:00
気がかりなドライヴ @ Multiple Super Deive
気がかりなドライヴ @ Multiple Super Deive P 社製のポータブル CD プレイヤーが、購入の後結構早くにまともな作動を停止してしまった。 その前に所有していた同社のプレイヤーはシンプルながらとても良く機能してくれたから、些か呆れ驚いた。 前機器の仕様は無駄な部分を極力省いたもので、購入時にはコスト・パフォーマンスが良いなぁと感心していた。 それの調子が良くなくなったものでやむを得ず購入した新しい機器は更に安価で、前の半額くらいではあった。 CD プレイヤーの価格が低下して来た時代だったのでそれ相応かなと思っていたが、劣化は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/25 20:00
国境無き医師団 @ Various / Not Alone
こんな 5 枚の CD から 成るセットが間もなく出ると、情報がありました。 送ってくれたのは、トム・レッシオン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/17 22:09
最近の改訂
書いたものをちょこちょこ改訂していますが、最近の改訂をお報せいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/03 23:03
音楽の増殖
音楽の増殖 巷には、音楽が溢れかえっている。 何故音楽が増殖したのかを考えると、二つの要因が 浮かんで来る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/08/31 22:23
閾値の探索
閾値の探索 新しい音楽として存続し得ない音楽、つまり全ての 音楽は古くなる。 ある種の音楽は古くなって普遍化もしないその結果、 いつまでも 『変わり者』 として在り続けてゆく。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/08/31 22:20
音楽の閾値
音楽の閾値 長く生きていると、『新しい音楽』 に幾度となく 出遭ってしまう。 そして、『新しい音楽』 が新しいものでは居られ なくなる現場を繰り返し見て来た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/08/30 22:50
リスニング
リスニング 脳の研究が生業なので、脳の働きを軸に現象を見て しまうことが少なくない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/08/28 23:09
科学と音楽
科学と音楽 昨今、科学と音楽に共通すること。 それは、どちらも急にクオリティの高いものが増えて 来たことだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/08/26 23:00
脳の損得?
脳の損得? 知覚を拡大する為に、先人は薬物を用いた。 精神に作用する薬物で、中枢神経系の活動を常に 抑えているモノを外そうとしたのだ。 そうして、知覚を最大限に用いようとした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/26 23:00
老いと音楽
老いと音楽 ロックも歴史が長くなると、リスナーは必然的に高齢化 する。 でも、音楽市場の標的は相変わらず若年層みたいだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/20 23:02

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

音薬談 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる