アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小城仁志」のブログ記事

みんなの「小城仁志」ブログ

タイトル 日 時
小城仁志さんの音楽
小城仁志さんの音楽 拙レーベル NEUREC から、ベルギーに在住する小城仁志さんのご作品を出版させて頂く次第となった。 小城さんは鹿児島県のご出身であり、若い頃には関東に滞在されていた時期があった様だ。 その頃には特異な作家として注目される瘡原亘さんとのコラボレーションを多々行なっておられたとも言う。 小城さんと瘡原さん、そこにマウリツィオ・ビアンキが参加したアルバムなんて面白いものも現存する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/11 11:00
るつぼのざくろ
るつぼのざくろ この写真に写っているのは 『坩堝』 というユニットのアルバム 『柘榴』 である。 つまりは 『るつぼ』 の 『ざくろ』 という訳なのだが。 ヴィジュアルと音楽そのものの佇まいが何とも面白い。 喩えてみるならば原始崇拝とシャーマンとそして妖怪。 そんなものに特異的に関係する周波があるとすればどうだろう。 ここにあるのは互いがそんな周波を放射しながら反応する饗宴なのだ。 『坩堝』 を構成するのは小城仁志・キャロル夫妻 (aka Juppala Kaapio)。 そしてヤニ・ヒボ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/08 11:00
星雲磁波の音楽 - 満潮鏡 / High Tide Mirror
星雲磁波の音楽 - 満潮鏡 / High Tide Mirror 今年、site-specific (場特異的) な演奏を集めた 『あまねく うつしみ』 を発表した小城仁志さん。 早くも届いた新作 『満潮鏡 (High Tide Mirror)』 には、前作で獲得したものが惜しみなく披露されている。 様々な場所に居て星雲が送って来る磁波を浴びた彼は、そのエナジーを完全に取り込んでしまった様だ。 まるで精霊のおしゃべりを想わせる音からアルバムが始まり、5 つのトラックに磁波で綴る物語が描かれている。 私と言えばまだそこに蠢く囁やかだからこそ確かな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/02 11:00
妖精の宴
先に新作 『あまねく うつしみ』 を紹介させて頂いた、小城仁志さん。 彼は、現在ベルギーに棲んでおられる。 ソロだけでなく奥方のキャロルさんとのデュオ活動も継続されているから、精力的だ。 デュオの名は、『ユッパラ・カーッピオー』 と言う変わったものだ。 聞けば、それは彼らが交信する妖精の名前だと言う。 電波とは違うフシギなエナジーで、彼らの周囲はいつも満ちているのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/06 15:00
星雲の波動
星雲の波動 欧州で活動を継続する音楽家、小城仁志さんの新作が届いた。 小城さんについて、一昨年ロンドンで会ったジョナサン・コールクロウがこう語っている。 「彼は今、奥さんの Carole と共にスイスに住んでいる。 時に英国を訪問し、あちこちで音楽家とコンタクトを持った。 相手は、アンドリュー・チョークおよびマイケル・プライム。 ダーレン・テイト、そしてポール・ブラッドレイ。 コリン・ポッターに、もちろん私とも」。 英国とアイルアンドに在住する、独特の波長を共有する音楽家連である。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/31 21:00
ユッパラ・カーッピオー
ユッパラ・カーッピオー ユッパラ・カーッピオーという、面白い名前のデュオの作品を聴いた。 サイレン・レコーズの鈴木大介さんに紹介して頂いた作品で、とても面白い。 スイス在住の小城仁志さんと奥様のキャロルさんが、本当に自由な即興を繰り広げている。 声と併せて玩具を含む様々なモノが演奏に用いられ、何とも独特なアトモスフィアが創生される。 特に、時空が何かメディウムの様なもので満たされている感触は素晴らしいとしか言いようが無い。 そして、そのメディウムは植物が何気なく放つ気 (分子と気配) により構成されて... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/15 15:00

トップへ | みんなの「小城仁志」ブログ

音薬談 小城仁志のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる