音薬談

アクセスカウンタ

zoom RSS "Team Airway Japan"

<<   作成日時 : 2014/01/26 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今月の下旬、ロサンジェルスの Museum of Contemporary Art (MOCA) で、LAFMS のコンサートが催されます。
出演するのは John Wiese と Ted Byrne のデュオ、Extended Organ、
そしてトリに登場いたしますのがノイズ・オーケスオトラ Airway となります。
Airway においては、管制塔的立場にある Joe Potts が演奏者の音をコンソール・ボードに集め、
それらを加工し放射するのはそれこそ怪物的で巨大なノイズの塊。
振り返ってみれば至極現代的な作業を、77 年から始めていた彼らは、ノイズの原典とも言えるでしょう。

今般そのライヴへの協力要請が Joe から寄せられましたが、しばし考えまして、ある結論に至りました。
日本の作家 9 名による音源を彼に送り、彼の手でミックスして貰う、それが私の結論となります。

元々 Airway は巨大なサウンド・ミキサーとも言える存在なので、
別に本当のライヴ・サウンドで無くても構わないだろうということが、発想の発端にありました。
そして、一昨年の暮れに渋谷アップリンク・ファクトリーで催された、『酒とノイズ大学』 の記憶。
そこで、Joe と Rick Potts 創生のノイズ・トラックに、非常階段がライヴ・サウンドを併せる共演を行なっています。
これが、今般の発案にとって、本当に重要なリファレンスとなりました。

その非常階段の、Jojo 広重さんと美川俊治さんに参加を依頼しますと、嬉しいことにご快諾くださいました。
彼らの出自である関西からは、橋本孝之さん (.es)、石上和也さん (aka Daruin) もご参加くださいます。

そして、来月ロンドンの Cafe Oto で催される "Multiple Tap" を首謀する、康勝栄さんのお名前も。
騒音二人羽織、Solmania の大野雅彦さん、ドローン・ギタリスト冷泉さん。
長谷川静男など、様々なユニットで活動する、内田静男さん。

この素晴らしい布陣にて、本プロジェクトを、遂行させて頂きます。
不詳この私も、ちょっと LAFMS に関連する音源を用意して、末席に鎮座させて頂く次第となりました。
このグループを、勝手に、"Team Airway Japan" と呼ばせて頂きましょう。

果たしてどんな結果が飛び出すか、Joe の手腕に、期待は募ります。
****************************************************************************************

"Team Airway Japan" はどういうものかと言いますと、
まずAirway の演奏は大体 60 分くらいなのだろうと、勝手に推測しました。
「それを三分割してみよう」という発想から、全てが、始まります。
Joe Potts にお願いして、各々の 20 分間に 3 つのトラックをライヴ・ミキシングして貰おうと、
そんな考えが最初にありました。
もちろん Joe は、ライヴで実際に演奏している方々の音もミックスする筈なので、とても忙しいだろうとは想います。
例えば、Rick Potts / Tom Recchion / Fredrik Nilsen / Dennis Mehaffey / Vetza、本当はもっと多いでしょう。
それでも、何とかこの形で Airway のノイズを創生して貰えれたらなぁと、希望的観測に立っての発案でございます。

****************************************************************************************
1 月 25 日、"Team Airway Japan" の全トラックが Joe Potts の元に届きました。
参加された全員の方が、素晴らしいトラックを、投稿してくださっています。

私はと言えば、25 年前に参加させて頂いた Ju Suk Reet Meate、Jackie Stewart、
David Morgan、Jay Elliot とのセッション (Ju Suk と Jackie の家で行われた
プライヴェートでスポンティニアスな演奏) を収めたカセット・テープを投稿いたしました。
と言うことは、今般のライヴにおいて、日本の作家と共に Smegma が Airway と融合する次第となります。
****************************************************************************************

AIRWAY is a noise orchestra created by Joe Potts in 1977
originally to explore the phenomena of subliminal messaging via noise.
For this concert AIRWAY’s performance will feature some of Japan’s best noise musicians
specially recorded for this performance.

LAFMS Japan organizer Takuya Sakaguchi recruited three teams of three musicians
and invited each group to contribute a separate 20 minute mix that will then be layered
into the sound field by Joe Potts. Sakaguchi calls the group "Team Airway Japan".

“Team Airway Japan” performers (in alphabetical order):

Takayuki Hashimoto ; saxophone, guitar and other instruments player of .es (“dot es”)

Jojo Hiroshige ; guitar player of Hijokaidan, Jazz Hijokaidan, Hatsune Kaidan, Bis Kaidan as well as solo singer

Kazuya Ishigami; electronic composer, “rubbish, trash and poor” music creator, active as Daruin
and collaborator with The Rodney Forest

Katsuyoshi Kou; electronic improviser of Soundings
and main organizer of “Multiple Tap” at Café Oto (London) in February 2014

Toshiji Mikawa ; “The Mikawa” player of Incapacitants, Hijokaidan, Jazz Hijokaidan, Hatsune Kaidan,
Bis Kaidan and Soundings

Masahiko Ohno; mutant guitar player of Solmania and Destroy Ohno Monsters

;Atsushi Reizen; guitar player and the second Japanese musician who has released an album on Fylkingen Sweden
(the first is Yuji Takahashi)

Takuya Sakaguchi; organizer of the group and LAFMS supporter for 35 years in Japan

Shizuo Uchida; bass player of Hasegawa Shizuo, Kito Mizukumi Rouber and Le Son De L’os
and member of Keiji Haino’s Nijiumu

****************************************************************************************

All tracks of "Team Airway Japan" reached Joe Potts for a Airway concert at MOCA on 31st (Japanese time).
Great participants submitted great tracks to be mixed in live performance.
I sent a cassette including my session with Ju Suk Reet Meate, Jackie Stewart, David Morgan
and Jay Elliot at a house of Ju Suk and Jackie recorded 25 years ago.
It means actually that Smegma as well as the Japanese masters joins in Airway in live performance.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
"Team Airway Japan" 音薬談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる