音薬談

アクセスカウンタ

zoom RSS 星雲の波動

<<   作成日時 : 2012/03/31 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


欧州で活動を継続する音楽家、小城仁志さんの新作が届いた。
小城さんについて、一昨年ロンドンで会ったジョナサン・コールクロウがこう語っている。
「彼は今、奥さんの Carole と共にスイスに住んでいる。
時に英国を訪問し、あちこちで音楽家とコンタクトを持った。
相手は、アンドリュー・チョークおよびマイケル・プライム。
ダーレン・テイト、そしてポール・ブラッドレイ。
コリン・ポッターに、もちろん私とも」。
英国とアイルアンドに在住する、独特の波長を共有する音楽家連である。
これら 「波長を共有する」 音楽家が英国に集中しているのは、面白い現象だ。

もちろん東京在住の鈴木大介さんをはじめとして、英国外にも波長の共有者は存在する。
だが 1980 年にオーガナムとして登場したディヴィッド・ジャックマンを先駆けとする脈が、英国には在る。
面白いのは、前記した音楽家が実際に出逢うこと無くして音楽に共有部分を持つことだろう。
インターネットの普及していない時代から、在ったとしても僅かな接点で彼らは共存して来たのだ。
これでは、「氏か育ちか?」 というしばしば様々な領域で交わされる問答がそこにも勃発しかねないだろう。
「芸術は環境と連動して成立する」 その結果だと、示唆し得る現象だと想う。

現在はベルギーに住む小城さんの新作 『あまねく うつしみ』 も、この現象と無縁では無い。
本作は CD であり、小城さんによる日本趣味の見事な手作りのブックレットに収められている。
アンドリュー・チョーク一連の装丁作品を想起させ、素材をうまく活かしたデザインは秀逸だと思う。
マニフェストによれば、本作は "site specific" な、つまり録音の場所に特化した作品の集成なのだと言う。
エストニアからドイツそしてスペインなどユーラシア大陸の諸国、さらにはアメリカ合衆国に至るまで。
録音を行なった場ならではの、そこでこそ成立し得ることが出来たと言うパフォーマンスの軌跡である。

演奏の場が違えば、音が従えるアトモスフィアも変わって来るだろう。
とりわけ瞑想にも近いスタンスで場との交歓を音楽家が試みれば、変化は顕著である筈だ。
しかしそれでいて、場には依存しない小城さんご自身の共通エレメントがそこには同居していると想う。
つまり、様々な場で行われたそれぞれの演奏は 「違ってはいるが、同じ」 なのだ。
そんな相と違の対比が、このアルバムをとても興味深いものとしている。

この場では、場が変質を促すことの無い小城さんご自身の音について触れよう。
本作においては、ナチュラルなドローンと軋轢の気配がいつも蠢いている。
それは例えばオーガナム、そしてザ・ハフラー・トリオの音を想起させもするだろう。
特徴的なのは、そこに融合しているまるで星雲から送られて来る波動の様な運動である。
「かそけきもの」 とそれを呼んでも良い、時にはドローンと軋轢の裏打ちとして存在し表には出て来ない。
それは精神的なエナジーであり、日本と欧州での生活を通じ小城さんが獲得されて来たものだと想う。
「獲得された」 のは小城さんのヒストリーが生み出したものであり、言わば時間の集積なのである。

小城さんの、"site specific" なパフォーマンス。
それは、多様な空間と一様な時間の交差点でもある。
どの場所にいるとしても、そこにはいつも星雲からの波動が降り注ぐ。
だが地表に届く波動は、星雲が随分と昔宇宙へと送り出したエナジーである筈だ。
太古のエナジーを、源から遥か遠い場所で今受け留めているという実感。
それは、現在と太古を結ぶ瞑想のルートを開示する扉なのだろう。

音楽を演奏することは、「時空の何処に、自分が居るのか」 を識る行為なのかも知れない。
アルバムに冠されたタイトルは、『遍く (普遍の) 現し身 (今生きている自分)』 である。
何処に居ても自分は自分であり、瞬間瞬間の自分として生きて行く。
居場所が違えば現象が変わるが、そこでは時間に従い変わる自分が投影されるだろう。
その結果として、音楽という有機体が生まれるのだと想う。

なお小城さんの緒作品は下記の URL に記載されているので、是非ご参照の程を。

http://www.omnimemento.com/kojo/news_jp.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
星雲の波動 音薬談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる