アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ソリッド・アイ」のブログ記事

みんなの「ソリッド・アイ」ブログ

タイトル 日 時
スティーヴ・トムセン 5 種の CD-R "Skeleton Works"
スティーヴ・トムセンの 5 部作 CD-R が出版される。 彼はモニターというフシギなユニットに居たキー・ボード奏者だ。 ロサンジェルス・フanoリー・ミュージック・ソサエティ (LAFMS) の脈に存在するがそれだけには留まらない。 ’80 年代の初頭にモニターはアルバムを出版するのだがそれと前後し解散してしまう。 このアルバムは自主レーベルでもある World Imitation という奇妙な団体から出版された。 そして間もなくドイツの ATA TAK からも出版されている。 長... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/21 11:00
何かが憑依するスティーヴ・トムセンの金属彫刻
何かが憑依するスティーヴ・トムセンの金属彫刻 米国のスティーヴ・トムセンは、音楽家として知られている。 1970-80 年代に彼は、モニターというカルテットに在籍していた。 モニターは、ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ (LAFMS) とも深い縁を持つ。 そして、LAFMS のジョセフ・ハマーの協力を得てスワン・トローヴというユニットでも活動した。 1990 年代に入ると、ここにリック・ポッツが参加したソリッド・アイが誕生する。 彼等トリオは 2002 年に来日し、私も難波のベアーズでそのライヴを堪能した。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/31 11:00
ジョセフ・ハマーの隠密ライヴ @ Joseph Hammer
ジョセフ・ハマーの隠密ライヴ @ Joseph Hammer 前述のように、間もなく英国に登場するソリッド・アイのジョセフ・ハマー。 と言いますか、同時にダイナソー・ウィズ・ホーンズのジョセフでもございますよね。 テープ操作の技術もさることながら、仕事なのかどうか判別のよく判らない遊び心にはいつも感服いたします。 さて、彼に関係した動画がいくつかネット・ワークの海に蔓延しています。 YouTube において幾つかを見ることができますので、紹介しておきましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/19 20:00
摩天楼とサロン @ Solid Eye シングル二種再聴
摩天楼とサロン @ Solid Eye シングル二種再聴 スロー・ライフ・アヴァンギャルドと言えば思い浮かぶのが ソリッド・アイの音楽に漂うアトモスフィアである。 しかし彼らの音はジョセフ・ハマー、リック・ポッツ、スティーヴ・トムセンという 才人が揃うことにより創り出されているのだ。 余りにもユニークな各々のヴィジョン。 そして各々が持つヴィジョンを具体化する能力。 且つ能力におぼれることなく自由度を維持するセンス。 これらをバランス良く機能させることで生まれるのがソリッド・アイの音なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/05 20:50
羅府の丸天井 @ SteveThomsen / Conglomerate Ceilimg
羅府の丸天井 @ SteveThomsen / Conglomerate Ceilimg どうしても頭から離れない想念が、幾つか在る。 人知れず放浪の旅に出てしまった友人のことを結構頻繁に想うことも、そうだろう。 ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ (LAFMS) の流れを汲む音響ユニット、 ソリッド・アイのメンバーであるスティーヴ・トムセンがその人だ。 今、どうしているのだろう。 巨大な渓谷の底から、未確認飛行体を目視しているのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 23:25
甘い船酔い @ Joseph Hammer / Dynasty Suite 2
甘い船酔い @ Joseph Hammer / Dynasty Suite 2 ソリッド・アイの一員でもある、ジョセフ・ハマー。 彼にとって最初のアルバムは、Melon Expander Records からのフル CD として出版された "Dynasty Suites" (王朝組曲) だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/04 23:01

トップへ | みんなの「ソリッド・アイ」ブログ

音薬談 ソリッド・アイのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる