アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ジョセフ・ハマー」のブログ記事

みんなの「ジョセフ・ハマー」ブログ

タイトル 日 時
ジョセフ・ハマー奏法の秘密を探る
ジョセフ・ハマー奏法の秘密を探る ジョセフ・ハマーのテープ・マニピュレーション講座 @ Cafe Futuro。 FUKUGAN GALLERY での "Decoding Hammer" と併せて得ることはとても多くありました。 何よりも Joseph Hammer の奏法を実践的に理解することが出来たことは大きいでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/21 11:00
ジョセフ・ハマーのテープ・マニピュレーション講座
ジョセフ・ハマーのテープ・マニピュレーション講座 私は演奏を行いません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/26 11:00
Joseph Hammer - Live in LA
Joseph Hammer - Live in LA ロサンジェルスの Idiopathic からの出版。 カセットとしては Albany / Philadelphia が先に出ています。 こっちはロサンジェルスでのライヴ。 アナログ・セットに移行してからのものなのでしょう。 来日公演はこのポイントから更に進化している筈。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/21 11:00
Decoding Hammer (ジョセフ・ハマーの解読)
Decoding Hammer (ジョセフ・ハマーの解読) LAFMS (ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ) の天才テープ・マニピュレーターであるジョセフ・ハマー。 彼のソロ・ライヴを催すと共にその活動の全貌を紹介いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/16 11:00
Joseph Hammer - Roadless Travel
Joseph Hammer - Roadless Travel 本作は Art Into Life さんから出版されたジョセフ・ハマーの国内盤 CD となります。 ジョセフの最高傑作と言っても良いでしょう。 解説を担当いたしましたが気合充分に記せたと想います (笑い)。 とりわけアラン・カミングスさんの英訳が素晴らしいので資料的な価値も高いのではと妄想しております。 なので入門編としても最適だと想いますので是非どうぞと自信を持ってお薦めしてしまいます。 解説の話に戻り恐縮ではありますがジョセフも 「自分の音楽を的確に描写している」 と褒めて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/06 11:00
Joseph Hammer 新春の来日
Joseph Hammer 新春の来日 嬉しい驚きと言って良いでしょう、今年も年始から、LAFMS 関連の蠢きが到来いたしました。 Dinosaurs With Horns と Solid Eye、そしてソロとしても活動する Joseph Hammer が、プライヴェートな来日。 多忙なスケジュールながら、大阪を訪れてくださったので、それならばと心斎橋界隈を散策いたしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/23 11:00
ジョセフ・ハマーの奏法について
ジョセフ・ハマーのテープ奏法を、彼の手の蠢きから目視で同定することは、とても出来ない。 だがある目的の為に、ジョセフ自身から送られて来たバイオグラフィに、その秘密が記されていた。 彼は電気的絶縁を施した手袋を装着し、その手で直接オープン・リール・テープに触れながら、操作を行う。 電磁の帯はヘッドを通過し続けて行くが、ジョセフは、単に再生だけを行っているのでは決して無い。 録音/消去/再生ヘッドの何れかを選択し、その何れかをテープと関連させることで、演奏を行うと言う。 しかも、機械的な障... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/15 11:00
とてもフシギな電磁帯は
とてもフシギな電磁帯は それにしても、ジョセフ・ハマーはフシギな音楽家である。 彼はリック・ポッツと同じく、水木しげる先生の描く妖怪がとても好きだ。 「僕の名刺には妖怪が写っている」 と、すごく嬉しそうに話してくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/20 15:00
密月のスパイラル @ Joseph Hammer / I Love You, Please...
密月のスパイラル @ Joseph Hammer / I Love You, Please... "I Love You, Please Love Me Too" とは、何とも熱い愛の言葉だろう。 ジョセフ・ハマーがソリッド・アイのメンバーとして来日したのは、2002 年の 5 月だったからもう 8 年前だ。 当時パートナーであるサヨさんと行動を共にしていたが、本 LP はそのサヨさんに捧げられている。 ご実家が大阪のサヨさんは、ジョセフの "Knob Opera (tion)" のカヴァー・ドローイングをてがけたりもしている。 http://onyak.at.webry.i... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 17:00
ジョセフ・ハマーの隠密ライヴ @ Joseph Hammer
ジョセフ・ハマーの隠密ライヴ @ Joseph Hammer 前述のように、間もなく英国に登場するソリッド・アイのジョセフ・ハマー。 と言いますか、同時にダイナソー・ウィズ・ホーンズのジョセフでもございますよね。 テープ操作の技術もさることながら、仕事なのかどうか判別のよく判らない遊び心にはいつも感服いたします。 さて、彼に関係した動画がいくつかネット・ワークの海に蔓延しています。 YouTube において幾つかを見ることができますので、紹介しておきましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/19 20:00
更に羅府夢衆は英国へも @ Colour Out of Space Festival
更に羅府夢衆は英国へも @ Colour Out of Space Festival 先に、ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ (LAFMS) のニュー・ヨーク進出を報告した。 その直前とも言える時期に、英国のブライトンでは恒例の Color Out of Space Festival (COOSF) が開催される。 それは 2006 年から毎年開催されている、実験音楽とフィルムを紹介するフェスティヴァルである。 英国のフェスティヴァルではあるが、かつて LAFMS からスメグマが参加した経緯もある。 それも、確か 2006 年のことだったのではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/08 17:00
DNA の指紋は来世に @ Points of Friction / Afterlife DNA..
DNA の指紋は来世に @ Points of Friction / Afterlife DNA.. ポインツ・オブ・フリクションのサード・アルバムは 2008 年、ミッチェル・ブラウンの Melon Expander から 登場した。 本作は CD であり、"Sackcloth and Ashes" の CD 版と同様トーマス・ディミュジオがリマスタリングを施している。 2004 年に行われた録音を編み、特筆すべきことにブラウンがユニットの正規メンバーとして参加を果たしている。 ティム・アレクサンダー、デミアン・ヴィシグリア、ケニー・ライマン、ジョセフ・ハマーの 4 人は不動だ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/24 19:50
ズックと灰の魔術 @ Points of Friction/Sackcloth and Ashes
ズックと灰の魔術 @ Points of Friction/Sackcloth and Ashes ポインツ・オブ・フリクションのセカンド・アルバムは、穏やかでいて魔術の様な作品である。 ファースト・アルバムと同様にカセットを媒体とするそれは、『ズックと灰』 と題されている。 ファーストは、ジョセフ・ハマーが実験音楽を始めた直後である 1981-82 年の作品を集成したものだった。 対してセカンドは 1983-84 年の録音を収めており、'80 年代前半の彼らの活動がこの二作に集約されている。 ファーストに較べると音響がまろやかで、構成も巧みにさながら夢の配列の様にして音楽が進... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/24 19:05
軋轢の点描 @ Points of Friction / Same
軋轢の点描 @ Points of Friction / Same どんな音楽家においても、最初の作品に込められた衝動は特に激しいはずだ。 音響編集の錬金術師とも言えるジョセフ・ハマーにしてみても、例外では無いだろう。 実を言えば、彼がどの様にして音楽を創り始めたのかその詳細については良く知らない。 彼自身のサイトに記載されたバイオグラフィに基づくならば、1959 年に生まれ 1980 年に実験音楽を始めた様だ。 http://www.josephhammer.com/media/text/hammer-joseph.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/24 19:00
甘い船酔い @ Joseph Hammer / Dynasty Suite 2
甘い船酔い @ Joseph Hammer / Dynasty Suite 2 ソリッド・アイの一員でもある、ジョセフ・ハマー。 彼にとって最初のアルバムは、Melon Expander Records からのフル CD として出版された "Dynasty Suites" (王朝組曲) だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/04 23:01

トップへ | みんなの「ジョセフ・ハマー」ブログ

音薬談 ジョセフ・ハマーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる