アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「NEUREC」のブログ記事

みんなの「NEUREC」ブログ

タイトル 日 時
スティーヴ・トムセンの骨格作品群
スティーヴ・トムセンの骨格作品群 2002 年にソリッド・アイの一員として来日したスティーヴ・トムセン。 彼は数々のアルバムを携えて大阪にもやって来た。 見たことも無い素晴らしいアルバム群は全て CD-R だった。 「初めて見ました」 と言うと 「CD-R はレコード屋が扱いたがらないのだがね」 との答え。 それにしてみても素晴らしさを考慮するとそれらのアルバムが流通していないのは実にもったいないと想った。 ご縁があって今般それらの大元となるアーカイヴを拙レーベルから出版させて頂く次第となりとても嬉しい。 そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/02 16:29
VELTZ / [ In Dust, Real Dream ]
VELTZ / [ In Dust, Real Dream ] このCD-Rは、在京の音楽家である松岡亮さんがVELTZの名のもとに制作されたもので、 2011年に録音された4つのトラックを収めている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/25 11:00
リック・ポッツのスロー・ライフ・アヴァンギャルド
リック・ポッツのスロー・ライフ・アヴァンギャルド 本稿は、2008年春に記した ミニ・アルバム"Labyrintjitis" のための解説となります。 その創生者であるリック・ポッツについて知って頂くために、記しました。 カリフォルニア州ロサンジェルス市の郊外において過去 38 年間、 ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ (LAFMS) の一員として彼は活動しています。 そして灰野敬二さんや工藤冬里さんとの共演履歴は、その枠に留まらない彼の意欲を示すものでしょう。 最近では、アンダーグラウンド・ヒップホップとの接... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/28 11:00
まだポケットの中に @ Karla Borecky / Still in Your Pocket
まだポケットの中に @ Karla Borecky / Still in Your Pocket 東日本大震災の後、聴く音楽は精神を安定させながらも活性化してくれるものへとシフトした。 多分それは、自己防衛本能に基づく心身の必然的反応ではないのだろうかと想っている。 そんな作用を持つ作品の一つが、カーラ・ボレッキーの "Still in Your Pocket" だった。 このアルバム・タイトルを和訳するならば、『まだポケットの中に』 となるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 08:00
夜抄記 - Nocturnal Abstracts
夜抄記 - Nocturnal Abstracts 東日本大震災の後、音楽を聴き始めるには時間を要した。 恐る恐るという感じで、それこそまさぐる様に聴くべき音楽を選んだ。 聴きたい音楽を聴くという気分にはとてもなれなかったので、必然的にそうなった。 選ばれた音楽は明るくも暗くもない、意識を昇る方にも落ちる方にも揺るがせないものだった。 その音楽は精神を安定化させながらも、何気なく活性化してくれる力を持っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/25 15:00
パサディナとポートランドの魔術 @ The Rodney Forest
パサディナとポートランドの魔術 @ The Rodney Forest この CD-R は、好作品であるにも関わらず入手が困難だったアルバムを再発したものとなる。 Los Angeles Free Music Society (LAFMS) の脈においては、スメグマ系列に属しているだろう。 それにしても、ユルい寄合いである LAFMS には柔軟に協働する面白いユニットが存在するものだ。 シャッフル・ユニットの様なポジションに在りながら、無比の存在感を感じさせてくれるのだから面白い。 そこには、他の組み合わせでは絶対に創生されないだろう選択的な化学反応... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/21 15:00
時制の枠を超えて @ The Tenses / Cosmic Dust
時制の枠を超えて @ The Tenses / Cosmic Dust Los Angeles Free Music Society (LAFMS) は、1973 年にカリフォルニア州パサディナを中心として発生しました。 それぞれが余りにもユニークなベクトルを持つ自由音楽家が寄り合った、とてもユル〜い音楽集合体であります。 まぬけでのろまな風情を厭いもしないル・フォルテ・フォーから、ノイズ・オーケストラの古典エアウェイまで。 様々なタイプの自由な音楽家が、この何気無くも特異な集合体に参加して来ました。 そして、何れもがアウトサイダー・アーティストとし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/15 11:00
記憶の底を徘徊する @ Prowls
記憶の底を徘徊する @ Prowls Los Angeles Free Music Society (LAFMS) 脈中から、フシギにダークで重厚な音楽が登場した。 スメグマのロックンロール・ジャッキーがかつて結成していた、フィメール・トリオが残したアルバムだ。 LAFMS に属するスメグマは、種々の音楽を雑食し唯一無比の自由音楽を創生する即興集合体である。 彼らは 1973 年にカリフォルニア州パサディナにて発生し、1975 年にオレゴン州ポートランドへ移住してしまう。 面白いことにポートランドに移住後 LAFMS... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/11 15:00
燃える内耳 @ Rick Potts / Labyrinthitis
燃える内耳 @ Rick Potts / Labyrinthitis 私が主宰します NEUREC から、久方ぶりに新譜が出版されました。 ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ (LAFMS) のリック・ポッツによるミニ・アルバム、 "Labyrinthitis" (NEUREC, RICK-08A) でございます。 リックは LAFMS を創設したメンバーの一人で、ル・フォルテ・フォー、エアウェイ、ザ・ペブラムス、 ヒューマン・ハンズ、ダイナソー・ウィズ・ホーンズ、ソリッド・アイの一員として活動して来ました。 並行してソロでの活... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 20:50

トップへ | みんなの「NEUREC」ブログ

音薬談 NEURECのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる