アクセスカウンタ

<<  2014年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
反応の速度
何らかの表現に対する反応の速度は明らかに加速されている。 インターネットの普及がもちろんそこには加担しているだろう。 書いたことに対する反応があると誰だって嬉しくなる。 なので反応のあるテーマについて記し勝ちにとなってしまうのだ。 だが時に気が付くののだが評判の良い文章のあちこちに不備があるのに受容されている場合がある。 そんな場合には文章がちゃんと読まれているのかと訝しくなってしまうのだ。 発表した直後にアクセスが少なくても時間が経つと随分と読まれている文章があるのも面白い。 何... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/31 11:00
ドラマと誤解
我々は劇的なものを好んでしまう傾向を持っていると想う。 ドラマを求める余りそれが実像とは違う誤解の領域に入ろうと意に介さないことも。 自分が文章で何かを表現しようとする時も面白さと本当のことを秤にかけたりする場合も少なくない。 「解り易く表現する」 ことを目指す時にも必要に対応して単純化を図る時にもそうした局面は訪れる。 特に音楽の評論ではそうしたケースが多い様に想うがどうだろう? 本来演奏者にしか理解出来ない筈の世界を表現するには的が外れていようがメリハリが必要だ。 その為にドラマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/26 11:00
ミッチェル・ブラウンの LAFMS ミックス
レーベルMelon Expander を主宰し LAFMS 関連の出版を行なって来たミッチェル・ブラウン。 彼はプロフェッサー・ネニー・カンタループの名で dublab の DJ としても活動している。 この名前に冠されたカンタループ (cantaloupe) というのもメロンを指す語らしい。 それなので余程メロンが好きなのだろうなと想像する。 このミッチェルが先日 LAFMS 関連のトラックを用いたライヴ・ミックスを行った。 連日の作業で自身がホストを務める LA の FM 局 K... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/21 23:15
スメグマの変遷
スメグマの変遷を振り返ってみるとその取り留めの無さに驚いてしまう。 最初は '73 年にロサンジェルスの東部に存在したコミューンから始まっている。 言わばアウトサイダー的なメンバーが同居しセッションを始めたのがきっかけだ。 楽器を使ってプレスリーのカヴァーなども行なっているがどんどんフリー・フォームな方位へと移っていった。 それは以前から知られていた彼らの動向だが改めて思い返してみると時代の推移に素直な反応だったのだろう。 日本と違っていたのはそこそこの面積を持つ家屋をシェアすることが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/16 21:15
ジョー・ポッツのコラージュ
ジョー・ポッツは言わば価値をコラージュしてしまう作家だ。 コラージュの方法は様々で音楽と視覚芸術の双方にそれは適用される。 音楽においては演奏者の音を一旦ミキシング・ボードに集積してから放射する Airway があるだろう。 この戦略は今や何の珍しさも無いものだがジョーは 36 年前にそんなことを思いつき実践した。 視覚芸術では価値の背反する画像を重畳させることで識閾下攻撃を目論むこともあった。 最新の形ではアメリカン・コミック画像のコラージュがある。 丁度トレーディング・カードに見... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/11 23:15

<<  2014年8月のブログ記事  >> 

トップへ

音薬談 2014年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる